FC2ブログ

俺とはジャンルの違う気の狂い方をしている人の処理

先日某テレビよく出てるオネイさんとちょっとお話してて

オネイさんは個人で動画をやろうかなと思っているが、

小川よ何かおもしれえものはないかなと言われるので

ちょっと考えて、とりあえずお乳出したりするとウケますけど

それは個人的にやって欲しくないですね、

むしろすごいアホなことをやって欲しい、

女王様みたいな恰好でムチ持って出てきて

スタンドとか出してほしい、

922.jpg

スタンドはなんか汚いオッサンに黒タイツ履かせて出してきて

別に得意な技は無くてむしろ弱くて

戦うたびに負けてその後にムチでしばかれる

みたいなのがいいなあと思ったのでさらっと言うたんですが

98%無反応でございました。

つうかむしろそれを俺が個人的に撮りたいわ。



さて、同じ職場の中でも部署が変わると

なかなか横の連携というのは簡単そうでそうでもなく

うまくいかないことが多いのが実情で。

ここはうちのタスクじゃないとかそうだとか

保身に走るのはまあ人間の感情として致し方ないのかなという気もせんでもないんです。

ただ、同じ職場で一つの目的を持ってやっていくのであれば

協力し合いながら進めるべきではないかと思うわけですよ。

でね、昨日夕方にうちの上司二人が別部署のババアについて議論している。

いやこれ以上言える言えないとかやっとるんです。

聞いているとどうも感情的な部分が多い。

ババアにむかついた、腹が立った、ありえないなんてことを言ってるわけですよ。

このままだと溝が深くなるだけだなと思ったので

じゃあちょっと俺話してきますわと別部署のババアのところに行ったんですね。

「ごめんね、月末のイベントのことな・・」


「何が!!何があるのよ!!話すること何があるのよ!!!ガオガオガオ」


話しかけて3秒も経ってないのに牙剥き出しですわ。

保護されたばかりの野犬ですよ。

猛犬モードの番犬ガオガオなみの反応。

しかしここでひるんではいかん。

「いや、ごめんね、時間とらせてね、実は・・」


「ガオガオガオガオガオガオ!!!ガオ!!ガオガオガオガオガオ!!!!ガルルルルルルル!!ガオガオガオガオガオガオ!!!!!」




これはだめだ。




もう人で無くなってる。




こういう人では無いモノとの会話って無理じゃないですか。

勝負のリングに上がるのではなく

サーベル咥えて場外でパイプ椅子投げまくっているから

ゴングも鳴らせないわけですよ。

ジェットシンですよ。

結局本題に入ることもなくその場を離れたわけですが

先日お話ししました狂ったジジイとかね、

どうしてああいうのがこの人間社会で生きていられるのだろうと不思議でしょうがない。

イーサンハントがソロモンレーンに言うてましたね。


「お前のような奴は閉じ込めておくしかないんだ」


そうなんですよ。

もう閉じ込めておくしかない。

閉じ込めておくしかない。



そう、閉じ込めてしまえ。



ボケェ!!!







スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。