FC2ブログ

悩める子羊に物申そう

今のオッサンたちが俺も含めて性に目覚めたのは


ほぼほぼ間違いなく

kutsu_1708028maicching06.jpg

まいっちんぐであろうと思うんです。

少なくとも俺らオッサンらには。

マチコ先生も全校生徒の前でスッポンポンにされるとか

これマチコ先生が正常な精神を維持するのが難しいと思うんですよ。

普通の人だったらもう家に帰らず高いビルの屋上ですわ。

もう生きていけないってなるじゃないですか。

この毎回マチコ先生の服を脱がしたり乳を触ったりしているケン太もですね、

おそらくほぼほぼ性犯罪者になるんじゃないかと

まあそんな漫画でちんこを硬くしていたわけですが

みなさんお元気ですか本日のアウダーチェです。


さて、みなさん死にたくなったことはございますかね。

軽く死にたくなることは良くありますが

恨み辛みが積み重なりもう駄目だもう死ぬしかないと。

ここまで思いつめることはまあそうそうあるもんでは無い。

しかしながらアタクシはある。

メンタルがさほど強いわけではございませんし、

人に気を遣う、空気を必要以上に読むタイプでございますので

(今嘘つけと思ったやついっぱいおるやろ)

落ち込む時はこの世の終わりというほど落ち込みます。

たしか27歳の時でしたかね、この性格が災いして

仕事でメチャメチャにされて人権も人格もない、

もう死ぬしかないと思っていた時があり

比べるものも懲役よりマシかな、でも懲役はやだな、くらいしか無かったんですね。

その時にふと今の仕事を無理に続けなくてもいいじゃねえかと急に開き直り

前からずっと興味のあった探偵の面接を受けに大阪まで行ったんですよ。

結局、家族の事情とかあって転職は保留になったんだけど

突然目の前が明るくなったのを覚えてる。

そうか、こんなクソ仕事にしがみつている必要はないんや



何が大事って俺が幸せに生きることだろうがボケ



こんな職場に人生終わらされてたまるか



と考えを切り替えられたわけです。

ある意味探偵業という職業を見つけていたおかげで

今こうやってあほなブログを書いている。

一つ間違えたら



今頃位牌だったぜ。



もちろん過去にウェブでの攻撃とかもあり

一時期すごい悩んだ時もありましてね。

これも切り替えに時間がかかりましたけど

解決策は一つ。

「読まなきゃいい」

これに限る。

世間で自分が何を言われてるのか知ろうとするからしんどい。

知りたいと思う気持ちは分かるし、止められないのも分からんでもない。

ただ、読んだところで何一つ得るものがないですからね。

そういうの気にしなくなるまでには

やっぱりどうしても訓練が必要ではあります。

自分の場合このケースだとD氏やK氏やKさんやMさんのヘルプがあったことが大きい。

何かこうしろと言われたわけではなく、

その人たちの行動を近くで見ることで学ぶんですよ。

ああ、そうか、そう考えたらいいと思ってはいたが、

この人たちは実際こうしているんだなと。


もう今はずいぶんええ歳になりまして

むしろ若い子たちのご相談を受ける立場になりつつありますが

大事なことは2つ。



他にもプランは絶対持っとけ




人との距離の訓練



だなと思っとります。



140816a54.jpg
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。