FC2ブログ

牡蠣の食い放題タイマー

ネットの広告で毎日3秒これをやったら痩せる!


みたいなのが目につきますね。

だいぶ前ですが、親戚の子がそんな謳い文句で

通販の薬を買ったんですが、

飲んだ次の日からタリラリラーンのコニャニャチワになってしまい

3年入院するという騒ぎがありました。

なのでみなさん気を付けてくださいね。

痩せるには動く&飯控えるという2つの行動で十分です。

あたしゃ痩せるとインフルエンザにかかるので太ったままでいいです。


えーさてさて。

もう時期もだいぶ終わりというかもう終わったんかな、

牡蠣。

おいしいですね牡蠣。

自分の大好物の一つでございまして

生でチュルンといきたい。

しかしノロチズムという罠も潜んでおるので

若干食べるのには気を遣うわけです。

そんな中ですね、冬になると良く海岸線でよく見かける

「牡蠣食べ放題!」

っていうあれ。

じつは過去に何度か行ってるんですけども

あれが結構トラップ満載でございます。

そういうお店でええ値段の牡蠣を購入すると

手のひらくらいの大きな牡蠣が出てきますが

私の行った食べ放題コースは

注文すると髪の毛ピンクの下枠眼鏡のねえやんが

赤鉛筆を自分の背後に向けてクイクイとして

「あっちに積んであるんで自分で持ってきてくだサーイ」

っていいよる。

はいはい言うて取りに行きますと

地面からサウザーが造っていた聖帝十字陵みたいに牡蠣が積み上げてあり


横に角スコとバケツが置いてある。


一瞬呼吸が止まったんですが、

まあいい、まあいいだろうと角スコで牡蠣をすくってバケツに入れる。

ところがそこにある牡蠣はええお値段の牡蠣とは全くの別物で

鶏の卵の親玉みたいな大きさでね、

積んである量から考えるに下のほうの牡蠣なんて



もはやいつからそこに存在しているのかさえ想像しがたいわけです。



それを考えるとまたもや呼吸が止まるわけですが

新しいであろう辺りを予想してスコップですくう。

もうそんなん分かれへん。

パチ屋でスロ台の設定が上げか下げか据え置きかと予想するに等しい。

下げだけは避けたいので注意深く推測してこの辺であろうというところを選ぶ。

そしてバケツごと火の用意してあるテーブルに行って

そいつを焼いて食べるわけです。

しかしまあ当然ながらすでに逝去されたどころか

もう傷みきって溶け始めているやつとかもあったり

食べるのも命がけでございまして

大丈夫か?これ大丈夫かオイ?と参加者同士で確認しながら食べることになる。

で、見た目大丈夫な牡蠣のみをたべたつもりでご馳走様と帰るんですが

30分ほど走ると来るんですよ。

車で30分くらい走ると食い放題タイマーが作動しよるんです。


ご存じですか食い放題タイマー。



食後約30分で下腹部に走る鈍痛。



あれ?と思うともうそれは状況の始まり。

運転手にSAに寄れ!SAだ!と叫ぶと

乗っている全員が



「お前もか!俺ももう駄目だ!」



参加者全員に設置された食い放題タイマー。

SAに入り車はほぼ斜め停め

ギギギギーー!!と全員トイレへ駆け込む。

ドアを閉める。

ケツを出す。

とほぼ同時に



30分前に食ったはずの奴らが

本来まだ胃の中で揉まれていないといけない奴らが



流れ出す。



そう、それは緑色だ。


いいですか皆さん、

全てがそうだとは言いませんが

食い放題で聖帝十字陵になっているお店は避けましょう。

全ての牡蠣にタイマーがセットされているから。


monday-dopeness-29.jpg



スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。