FC2ブログ

お別れのあいさつ人気度の高い低い


今日をもって退職される方には

今いろんな人が餞別袋をもってあいさつに行ってるんですよ。

アタクシは昨日済ませたんですが

やっぱりいい人だったなという方のところには

多くの人がワラワラ寄っていくんですよ。

それを見てると、

俺が4年後にこの職場を去る時どんな感じになるのだろうと。

そう思った瞬間に出てくるんです。ここ最近の状況が。

いやなに、つまらんことですよ。

それは特に朝と夕方に多いんですが朝車で出勤しますと。

駐車場に車を停めますと。

ほんじゃ同じようなタイミングで出勤してくる人いますわな。

当然乙女たちと同じタイミングになることがある。

まあ車の窓から見えてますやんか。

ほんで車を降りて、おもむろに玄関へ向かうわけですけども

乙女も同じタイミングで来たの分かってるから

あいさつしなきゃって思う。

あいさつしなきゃなと。

ほな、乙女はちょっと離れたところから

同じ玄関に向かっているのに

同じ玄関に向かっているのに

俺が反対側から歩いてきているの知っているのに



お前競歩で全国大会狙ってるんか



くらいのスピードでグオーーーーってスピードを上げ、

人間視野は180度ある、



人間視野は180度ある、



俺はお前から見て2時の方向

明らかに見えているのに


お前など見えていない、気付いてない!


て感じで玄関一点を見つめて

通過列車のように駆け抜けていくわけです。

こんな話前にもしましたよね、

遠い駐車場から歩いてたら俺を見て

わざと遠回りして追い抜いて行ってっつー。

これがまあ数回ならいいんですけども

昨日も帰ろうと駐車場に向かってたら

前に乙女が歩いてて、その子も駐車場に向かっている。

通り過ぎるところに建物の窓ガラスがあって

その反射で分かるんですよ。

窓に映る俺と目が合ったのを知ってるんですよ。

ほな、


急にスピードアップですよ。


おしっこしたかったなんていう言い訳は通じねえ。

通じねえぞ。


うわ!小川や!


みたいな空気が感じ取れる。

もうね、ほんまにああいう乙女の間で



俺はどんなモンスターに仕上げられているんだろうとね。



そんな俺が4年後さあ辞めますよとなった時に

俺のところに餞別を持ってきてくれる人

脳内で数えてみたら1,2,3,4,5・・・


5人。



5人しかおらんわ。


俺の世話になった人今日だけで50人くらい来てたがな。

さみしいのう。


moar-8.jpg


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。