FC2ブログ

余談のタピオカの話のほうがメインぽいわ。

昨日も書きましたがiPhoneがすっかり反抗期を迎えましてね


もうどんなに優しくタッチしようが

俺の言うことなど聞こえるものかみたいな態度になり

仕方なく修理に行ってきたんです。

某アッポー代理店的なところにね。


とりあえず症状を説明しますわ。

最初緑の線が出て次にもう全然言うこと聞かなくなって

今では電話に出ることすら許されないのですと。

ほななんかスタッフの兄やんがピコピコ触って


「ほんまですね、タッチが言うこと聞きませんね、

蓋開けて中を覗いてみますけど、壊れても知りませんよ、

データが全部消し飛ぶかもしれませんけどいいですね」


なんて聞いてくる。

あかん言うても話が前に進まないんでいいですよと答えますと

俺のiPhone持って奥に引っ込んでいきまして、

しばらく待ってますと

スタッフの兄ちゃんが俺のiPhone持ってご帰還。



「こ、子どもの具合はどうなんですか」とハラハラしながら聞きますと



「中身が完全に水没して、
もうクルクルパーになってますよ」



なんて言うわけですよ。

ちょっと待ってちょっと待ってと。

iPhoneXって防水って聞いてたのに違うの?と言うと


違います。全然違います。防水ではなく


耐水です。


と眼鏡をキュッとあげてこっちを見る。

聞いてた話と違うなと思いましたけど、

まあしょうがねえ、

ひょっとして手術が必要ですかと聞いたら


「お子様自体を交換です」と言いやがる。


もうお別れですよ。

俺がお湯に浸してしまったせいでお別れですわ。

常温の真水であれば、ガボッ、ズバッくらいなら耐えるらしいですが

お湯と塩水は音速で侵入してくるから


お風呂に持って入ってたらダメ、

海に持っていったらダメ、

ジップロックに入れても結露でダメ、

とにかくダメ、ダメダメダメ。


と説明を受けて、

修理代6万7千円のところをアッポーケアのおかげで1万3千円にまけてもらい

深々と頭を下げて帰ってまいりました。


以下余談なんですけどね、

帰りの出口付近に新しいタピオカ屋が出来てまして、

いつぞや大阪駅で駅爆破を我慢しながら飲んだアレを思い出してね。

今ならだれも並んでないから買ってみようと

迂闊にもオッサン一人でカウンターに行ってしまったんです。

ほな姉ちゃんが俺を見て

「アー、シェンシェンフォンフェンティー」

って日本語じゃない言葉を俺に言う。

一瞬脳が誤作動起こしますよね。

聞こえてくるはずの日本語「イラッシャイマセ」やないから。

「え?」っていう顔の俺を見ないようにしながら

ゴチューもんはいかがなさいますかってちゃんと日本語をしゃべってくれて

安心してメニューを見たんですよ。

ほなメニューがこれですわ。

202005_HPメニュー_姫路_夏季ol

分かりますかね、


俺はタピオカミルクティーが飲みたかったんです。


そやからタピオカミルクティーをこのメニューから探す。

そやけどなんぼ俺が全日本間違い探し検定5段の腕前であっても

このメニューに「タピオカミルクティー」が見つからない。


無い。

「タピオカミルクティー」が無い。


勘違いしてちょっとこじゃれた店に迷い込んだ

汚い野良犬のようなオッサンが

タピオカミルクティーがメニューから見つからず

時間が経過していっている絵を想像してもらえませんか。

目を血走らせて探してますよ。

上がる心拍数、早まる呼吸、開く毛穴と漂う獣のような匂い

気になる乙女店員の


無駄にイヤイヤのように動く上半身。


「先に決めてから来いよ」と言わんばかりの沈黙の間。


ああ、ダメだ!聞くしかない、この乙女に聞くしかない!

俺に見つけ出すことは出来ない!

勘違いして来るんじゃなかった!!



「あの、タピオカミルクティーはないのですか」



と勇気を出して聞いたんですよ。

ほな

にゅっと手を出してニコリともせず

kore.jpg

「これですね」


って。

・・・。

思っててん!これちゃうかなーって思っててん!!

けど「甜」って書いてあるやん!

違う思うやん!

俺、おとといまで田植えしとったようなオッサンやん!

分かれへんやん!

お前どこ見てんねんみたいな沈黙の空気やめてえ!

で、なになに?氷の量?

表とか出してこられても分かれへんやん!フツー!フツーにして!

え?甘さ?知らんがな!フツーでええがな!フツー!フツー!

てな感じでレシートを震えた手でサイフにしまいよったら

もう向こうの商品お渡し口で別の姉やんが呼んでる。


あ、あ、あ、ありがとう


渡されたのは間違いなくタピオカミルクティー。

良かった、ああ良かった。

受け取って早くこの場を去ろうとしたら、その姉やんが


「シャンシェンションションティー」


って。


何言うてるんやアレ。






スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。