FC2ブログ

素人100人かビチガイ1人かという話ですよ

お久しぶりですね。

書きたくないときは書かない

書きたくなった時だけ書く

気まぐれブログアウダーチェにようこそ。



腹の立つことがなぜこんなにたくさんあるのだろうと

もうほんまに不思議で仕方が無いんですけども

まあ聞いてください聞いてください。


子どもの集まる施設を作って欲しいという話があるらしく

その事業の所轄の部署が別にあるんだけれど

その件を依頼している依頼主が、

あいつらに任せてるけど良い案が出てこないので小川よ考えてくれ

と俺のとこに来られた。

ああ、考える、考えるさ、大好物だぜと

3日ほど考えて今朝の会議で提示したんですよ。

ほな予想通りではありましたが


ケガしたらどうするんだ


訴えられたらどうするんだ


ケガしたら

ケガしたら

ケガしたら



ケガしたらどうするんだ!!



ってもう必死の形相で反発してくるわけです。

いや待て待て、

何かを決める時には最終的なビジョンを決めて

そこに向かって事業は進めなきゃいけないし

その過程で出てきた問題点や課題をクリアしつつ

ゴールへ近づいていくもんちゃうんですか。

あくまでビジョンの話ですよ。

一応そう申し上げましたけれど

まるで聞く耳持たず、

ケガは訴訟はとかそんな話ばかりで前に進まない。

自分が子どもだったらと考える奴はいないんですよ。

自分が子どもだったら


これ下手こいたら死んでまうかもしれへん!


っていうようなものに震えるほど魅力を感じるんですよ。

死んでしまうかもってので遊びたいんですよ。

エキサイティングなもので遊びたいんですよ。

安心で安全で360度守られた遊具も幼児には必要だけど

8歳以上になったら景色紫色になってまうような遊びじゃないと

もう一回やりたいと思わねえんすよ。

だから方向性は凶暴なほうがいいんですよ。

だからこういう提案してるんですよ。

でないと3年後には誰も来ない草ぼうぼうの荒れ地に戻りますよ。

っていうたら


そういう案はみんなで、多くの人が集まって話し合って決めるべきだ!

と言う。

日本の黒モノがあかんようになった理由をこいつらは知ってない。

なんで便利な機能が山ほどついたガラケーが消えて

iPhoneがエライ勢いで普及したのか知ってない。

日本の黒モノは素人の意見を聞きすぎた。

ガラケーは女子高生を集めて個室でこんな機能があるといいとか意見を出させて

それを別室でモニターして意見を集約してその機能をガラケーに詰め込んだんですよ。

その結果はどうか。

素人が思いつくものは素人の考えの範疇を超えないんです。

それを繰り返した結果が今の状態になってしまった。

数人の気が狂ったようなビチガイが独断と偏見で

素人が思いつかないようなものを捻り出す必要が今の時代はある。

分かりやすいのがあれですよ、

役所が建てる地域振興会館みたいなものって

名前を公募とかして、それを役所のエライ人らがもっともらしい顔をして決める

その結果


ふれあいの館


おもてなしの里


やすらぎホール


とかになってしまうわけですよ。


みんなで決めなきゃいけないことと

ビチガイに任せなきゃいけないこと

世の中にはこの2つがあるんです。


と熱く語ったら



「あのう、もう構わんといてくれへんか」



と排除されました。


フン。

IMG_7519.jpg


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。