高級秘境旅館とかどうすか

昨日頭の中で大事なものが壊れた音がしましたが


お仕事原型がひとつ納品となりかろうじてバランスを保っています。

今日頑張って1日過ぎたら明日お休みだ!

けど日曜日また1日仕事ですねこのやろう。


最近篠山市にある古民家を改修した旅館とか料亭とかを見る機会があったんですが

実際観光ビジネスとして成り立ってるんですね。

予約が立て続けに入ってる。

これはおもしれえなと思ってはいまして。

近所の高い山の上に昔は大きかった廃寺があるんですが

庫裏とかまだしっかりしてるんですよ。

もう住職とかはいなくて近所のおじいが掃除したりして

かろうじてギリギリ管理している。

いくら大声で騒いでも誰も怒らない山奥ですから

騒ぐのにはちょうどいいし、

山賊みたいなヒゲのオッサンがジビエ料理を出してくれて

店員はひざ上20cmの丈の着物でノーパンとかね。

幸い毎年自殺者がわんさか出るとこで

こないだはいつ死んだかわかんない白骨死体が出てきたりとか

夜もリアルにホラーで楽しめるんですよ。

素晴らしいと思いませんか。

座敷童が出る旅館とかめっちゃ流行ってるじゃないですか。

高級ベッドで高級羽毛布団にくるまれ



死霊にうなされて眠れない高級秘境旅館



基本料金一泊4万円

絶対に「出る」部屋は2万円プラス。

お帰りの際の除霊オプションは15万円。



海外の富裕層にウケないかな。

maxresdefault_20170616091232b4b.jpg 







15年というのは思った以上に長い

今年のお正月に1年の運勢はどうかいなと調べたら


心が安定して余裕があり穏やかな1年でございましょう

なんてことが書いてあったんですけど

何度考えてもこの半年ろくなことがありませんでした。

信じた俺がばかだったよ。


えー昨日人を殺めるんじゃないかとおもうほど

怒りに打ち震えた1日でございましたが

機嫌直してなんとかブログ書こうじゃないですか。

や、特に今日は書くことがないんですが

もう今から15年ほど前、

ハーレーのFLSTF、あのターミネーターでシュワルツェネッガーが乗ってた

ファットボーイっていうのに乗ってました。

当時は今よりさらに金を持っていなくて

カスタムしたいけど金がないので見てるだけ。

マフラーも替えたいけど金がないのでパンチアウトで済ますような体たらく。

15年前当時もう死ぬほどかっこいいと思っていたのが

t-1.jpg 

これなんですけど

今見たらわりと普通に見える。

リアタイヤも240なんですが、

当時は「車か!」みたいに目を真ん丸にして見てたもんです。

今はもう普通に

001-1-950x625.jpg 

300とかが収まるようになっていまして

15年の歳月というのはあまりにも長く、

その間の進化というのはやはり止められない。

何事も常に進化している中で

過去に執着して新しいものに眉を顰める連中は

早く死んでしまえばいいのに。

いやほんと

早く死んでしまえばいいのに。

いやマジで


早く死んでしまえばいいのに。





プルアップ、プルアップ、プルアップ。

昨日はお仕事が振替休日でございましてですね、


まあフラフラしてたんですが

お昼にココイチにカレーを食べに寄ったんです。

ほんで結構辛いの好きなんですが、提示されたカレーの辛さ番号の度合いがよくわからず

「3で」と注文したんですよ。

出てきたのを食べたらバカみたいに辛くて

サウナで巨漢の女をマッサージしてるのかっつーくらい

汗が流れ落ちてですね、

3って強烈じゃねえかこのやろうと思いながらレジに行ったら

ピノコみたいな店員が汗まみれの俺の顔を見て

「辛かったデチュか?お手拭きドウジョ。」

とお手拭きをくれましたが

なんだか痛痒い気持ちになったのはなぜでしょう。

長い前置きになりました本日のアウダーチェです。


えー、諸般の事情でですね、

7月に北海道へ行かなくてはならないんですね。

兵庫から北海道といいますと、まあ普通伊丹空港から飛行機に乗ります。

ところがあたくし飛行機が超苦手でありまして、

あれが飛ぶこと自体に強い疑念を抱いているわけです。

だけど仕事で行くわけですからまあそうも言ってられず

仕方なく渋々了解したんですよ。

で、先日ツタヤにいきますと

新作が準新作落ちして結構並んでまして

何本か借りた中に

h1.jpg 
これがあったんです。

借りたときは何とも思わなかったんだけど

これを見てますとどうも俺の乗る飛行機とかぶってきて仕方がない。

バードストライクでエンジンが停止

IMG_6264.jpg 

IMG_6265.jpg

CAが全員で

「かまえて!かまえて!かまえて!頭を下げて!姿勢を低く!!」

いうて大合唱ですよ。

IMG_6268.jpg 

もうこんな高度になっちゃって

IMG_6271.jpg

管制官ドン引きで

IMG_6273.jpg

一番嫌な言葉プルアップ。

見終わった後、


絶対行かねえ

飛行機は乗らねえぞ


と。

行ってもええけど俺だけフェリーにしてくれやマジで。




ジジイの脳の硬度について。

週明けはやばいぜ、多分書けなくなってるぜと思いつつ


なんと今日もブログを更新してしまいますが

先日の東名高速の事故ですかね、あれを見たせいか

昨日は愛車のハーレーアイリーンに乗って機嫌よく走ってたところへ

凄い笑っったままハンドルを握った爺様の車が同じように飛んできて

俺は一撃であの世行き、爺様も当然あの世行きで

事故現場では頭無くなっちゃった俺がダランと横たわってるんですが

このやろう、死んじゃったじゃねえか!と

霊体の俺が霊体の爺様をボコボコにしているという夢を見ました。

あの映像を見る限り、

安全運転してても死ぬときは死ぬ

というのがよくわかりますね。


さてさて、

うちの上の娘が高校3年になわけですけども

授業で地方創生というものを研究させられているらしく

その先生というのが元大学教授の80歳の爺様なんだそうですよ。

で、なんか班ごとにテーマを出されてて

かつ条件が以下のとおり。

・今すでにどこかがやってるような取り組みはだめ

・高齢者と共存できるような取り組み

・今あるものを使った取り組み

だと。

で、何か面白いことはねえすかというもんですから

「古民家を買い取って旅館にしちゃうのはすでにあるから

旅館じゃなくてホスピスにしたらどうよ

畳の上で死にたい爺様もいるだろ」

と申し上げましたら

それは良い案だ、ありがとう、と学校で報告したそうです。

ほなその元大学教授かなんか知らんけどもジジイは

2秒で「ありえない」と否決しやがったと

b1ab444be4ec16b522ddb9f63a9a9639.jpg 

こんな顔して家で怒ってる。


何がダメなんだろうなと思いながら

「じゃあオマエの高校って金物の町だろ?」

「はさみとかやっとるよ」

「手裏剣つくったらどうよ。外国人好きだよああいうの。ニンジャとか。」

「誰も作り方わかんないよ」

「んなもんどうだっていい。刀鍛冶の恰好させて金づちでカンカンしてる画像と

スゲー髭伸ばしたじいさん真ん中にして

近所のオッサンにニンジャの恰好させて立たせてだな

ジャパニーズニンジャの手裏剣はここでも作られていたのですとか

話ねつ造しちゃうんだよ。」

「はあ」

「あとは機械でバンバン量産したらええやん」

「ほんでネットで。」

「インバウンド用ってことで。」


で、翌日それを学校で報告したら、そのクソジジイ

「ふざけないで真面目に考えなさい」

って言うて否決されたと言うのでね、


「その授業は大学受験に関係あるの?」

「いいや、関係ないよ」

「じゃあさ」

「うん」


「オマエみたいな頭の凝り固まったクソジジイが

これから伸びようとする若い芽を摘んでしまうから

日本は良くならないんですよ、早く隠居したらいかがですかアホンダラ、

と伝えてもらえませんか。何かあればこちらで処理するんで。」


「アホンダラは付けないほうが・・」

「じゃあ無しで」

「うん、明日言うてみるわ。ありがとう」

「どういたしまして。」


どこの職場でも同じですが、

時代は常に流れているし、

新しいものはどんどん生まれてくるわけですよ。

ジジイどもが自分が経験したものを大切にするのもいいことなんですけど

その理由が自分の地位を守るためとか

そういうくだらん理由だけはやめてほしいもんであります。


軽く怒りを込めて月曜日です、テキトーにやりましょう。



頭に乳を押し付けられて他のことなんかどうでもよくなってっていう話

もう夢にも慣れてきまして、昨夜は


八つ裂きにされた女性が落ちてまして(景色はコバルトブルー)

もう目ん玉とか外に出ちゃってて、

状態を救急隊員さんが「これはアニー?ケニー?」と聞いてきたので

「たぶんケニーです」

と答えたんですけど

「アニーですドウゾ」

いうて本部に無線入れてまして

あああ、ケニーなのに、この人アニーって・・違うのに・・・

FullSizeRender_20170608082019f4c.jpg 

と、

アニーとケニーが一体何なのかさっぱりわからんのに

すごい心配しながら夢から覚めましたよ。

みなさんおはようございます本日のあうだーちぇです。



あ、すごいですね、ブログ更新してますね。

だいぶ回復して来たってことでしょうね。

えーさてさて、

昨日ですね、抜かれた奥歯をインプラント対応しようと

あちこちに聞きまわってこのあたりじゃ一番まともな歯医者を紹介してもらったんです。

結構いい歯医者さんでして診察台は個室になってて

すごいかわいい歯科助手がついてくれるんですね。(ここすごく重要)


で、ではチェックしますので椅子倒しますねゆうて

グアーっと椅子倒されて、おねいさんが頭側から口の中をチェックしてくれるんですが

俺の頭頂部におねいさんのおっぱいが当たるんです。

正確に言うと

もうおっぱいをグニっと押しつけられている。

頭頂部にパイをグニ。

かわいいおねいさんが俺の頭にパイをグニ。

ほかに気になるところはありますかと聞かれて

もうそんなもん抜けた歯以外全然きになってないのに

この至福のパイグニタイムを逃してなるものかと

全然大丈夫な歯をコレとコレというてさらに延長。


やがてパイグニタイムは終わったんですけど

もっかいパイグニ・・もっかい・・と思ってたら

詐欺師みたいな笑顔のオッサンがやってきて

インプラントについての説明を始めたんですが

もうどうでもいい。オッサンおまえはどうでもいい、

お前の横のねいさんの乳を、乳をはやく・・・

「・・からね、小川さんの場合インプラント出来ない」


「(乳、乳、ち・)・・・え!?」


「インプラント無理ですね」


乳の代償としては高すぎるご発言を聞いてしまって

目を真ん丸にしてもう一度聞きますとですね、

どうやら俺の場合、

IMG_6221.jpg 

副鼻腔が下のほうにあって

ネジを入れる骨の厚みが3mmしかない。

つまりネジが鼻の奥から突き破って出てくるらしいんですよ。

結局歯医者のおっさんは、これしばらく考えさせてと診察は終了。

次回は月末になりました。

パイグニタイムまであと20日。



歯はテキトーに治しといてくれや。




このカテゴリーに該当する記事はありません。