自分が粘土やってて無いと困るもの

ああ、月曜日ですね。


月曜日といえば週の始まり、お仕事の始まりですが

我慢というコップにポトポト水を5日間にわたって入れられるスタートです。

週によってポトポトなのかジョバー!なのかと違いますが

どちらにせよ溢れてくるのでそれをチュウチュウ吸いながら

今週も過ごそうじゃないですか。


えー大体チョイネタはすぐにFBとかツイッタに書いちゃうもんで

昨日もH2に点にされた話とか書きましたけど

ブログとしてそこそこ長い記事を書くほどのこともない。

今日もさてどうしたもんかと思ってたんですが

造形してますとですね、

材料がないっていうのが一番困るんですね。

ツールもまあまあ困るんですが、

材料が一番困る。

なので常に多めにストックしとるんですが

昨夜もうないと気づいたのがこれ

IMG_9710.jpg 

もうヒタヒタくらいしかない。

何に使うのかといいますと

スカルピーの表面慣らしでございまして

無水エタノールを気に入って使っております。

表面を軽く溶かして滑らかにしてくれますが

乾くのが早いんですね。すぐにピリっとする。

ベビーオイルとか油系は溶かす力もすごいですが

乾くまで触れないじゃないですか。

最後の最後まで俺は使わないし触らない!っていう方もいらっしゃいますので

それはそれでええとして

俺は途中で結構使うんですね。

例えば顔面のクチュクチュしたところとか

髪の毛の筋彫った後とか

粘土がささくれてギジギジしたところを筆でササーっとやると都合がよい。

いや、都合がいいというか無いと困る。


まあ無水エタノールを使えって言ってるんじゃないくて

気が向いたらお試しください。

http://amzn.asia/i9CevTk


俺は緑だと最初から言うたやろ

妙に期待されると困りますよね。


アタクシなぜか妙に期待されることがあるんですよ。

性能としては量産型ザクなのに

稀に「赤だよね?」と言われることがある。

いや違います、違います、緑ですよ。ボクは緑!

って慌てて否定するんだけど向こうさんは

「あいつ赤いぞ、3倍速いぞ」

みたいな期待をしはる。


俺は緑なのに。


で、戦地に出せ出せと出された結果

小さいアポジでヒョロヒョロ飛んで

当然のように手足捥がれて救難信号。

だって緑なんすからね。

カステラみたいにスパスパ切られちゃう。

それ見て

「あれ?何アレ赤くないやん、全然ダメじゃんアイツ。」

ってなるわけですよ。


俺は緑やでって最初からいうてたにもかかわらず。


誰かが俺を的を得た表現してましたが

『人よりちょっと粘土がうまいくて
 ちょっとおもろいだけの貧乏人』

これが正しい。

最近また近くに新築建物が出来つつあるんですが

そこの建物の中の空間プロデュースをよろしく

みたいな話が来たんですね。

わしゃ建築未経験、内装デザイン、ディスプレイデザイン

全くの未開領域なのにそんな話が来た。

遊園地のお化け屋敷みたいにしてもたろうかなと思っていますが

工事途中でソロモンみたいに落ちるんですよ。きっと。



えーさてさて。

色気を出して大失敗したバイクシリーズ2作目ですが

心入れ替えまして造り直しております。

いやらしい心はどこに出たかといいますと

あれだ、「乙女」ですよ。

「バイク」よりも「乙女」に一瞬ブレた。

過去に戻ってスリッパで頭をはつりたい。

重要なのは、誤解のないように言いますと

俺にとって重要なのは「乙女」ではなく「遅刻」です。

そう、「遅刻」。

次回作は


「遅刻現場監督」

IMG_9676.jpg IMG_9677.jpgIMG_9680.jpg

ということになります。

なお、ヘルメットをかぶらせましたので髪型はこれで見納めです。



ワシの原点とは何でございましたかの

月曜日に書くと言うときながら


なっかなか書いてなくてすみませんのう。

もう最近はツイッターやフェイスブックで事足りるようになってしまいましたが

うちはもともとブログが原点ですし

頑張って月曜日には書こうと思います。


えーさてさて、

遅刻乙女がまあまあ人気がありまして

たくさんのご注文いただきました。

外注するには数が足りず商品ご用意できなかった方には

大変ご迷惑おかけいたしましたが、

事業が軌道に乗りましたら必ず再販いたしますので気長にお待ちくださいませ。

で。

で、だ。

その後調子に乗ってまたバイク絡みの人形作ろうとかして

IMG_9645.jpg 

こんなのやってたんですけども

ちょっと待てと。

確かに太ってるけど、ある意味こんなイメージの人形とか

グーグルで探したら出てくるじゃないすか。

でぶってるけど顔はかわいいみたいなね。

アウダーチェを事業として稼働始めた今、

そんなどっちつかずの人形を造ってどうすんねんと。

俺が見て「金いくら出してでも欲しい!!」と思う人形じゃないとだめで

これを俺が見つけても「ああ、いいじゃん」くらいにしかきっと思わない。

だ、だめだこれは。

ということで

IMG_9658.jpg 

終わらせました。


過去同じ過ちを何度もしてきてるんですけど

何かヒットした後に造るものって

大体色気出しちゃって何が言いたいのかわかんないもの造ってるんです。

前作のヒットに乗っかろうとしてる自分がいてね。

昨夜このおかげで再考しておりまして

あと一歩のところでフガフガしてたんですか

なかなか久しぶりの人がFBにコメント書いてきて

俺様の原点が降ってきました。


ああそうや、そうやったわ


と。


だいたい俺の原点この辺りですっつー記事を貼っておきますので

お時間ございましたらご覧ください。


1つ目 俺の胸キュン

2つ目 恋の終わり

3つ目 ほれみてみい


この頃は面白かったな。

もう一度がんばろう。





最近の若者の二輪離れを考えてみたんですけども

何度も言うてますが僕はバイク好きなんです。

あれはもう面白くって。

自分が44歳になってですね、だんだんオジイになってきたわけですけど

最近ふと気づいたことがあるんです。

それは、休日にバイク乗ってて、高速道路のサービスエリアとか

バイクショップとか行くじゃないですか。

そしたらすごいかっこいいバイクがやって来るわけですよ。

「おおっ」

って思うんですけど、スチャっと降りたらなんか腹がボエーンって出てて

フルフェイスのヘルメット脱いだら

もう気の毒なくらいハゲチョロケのおじさんが出て来るんですね。

これはスキー場に似てるんでゲレンデ現象とあたしゃ呼んでますけども

それがたまにだったらええんです。

しかし遭遇率があまりにも高すぎるんですよ。

ここ数年でだとオジイライダー遭遇率がもう80%を超えていて

バイク=汚らしいオッサンが公式に認められようとしてしまっている。


もちろん自分ももう初老ですから、人のことなんか言えないんだけど

おそらく自分よりは10歳から15歳くらい上の人が圧倒的に多い気がする。

なのでちょっと調べてみました。

リモート-デスクトップ-リダイレクト印刷ドキュメント-5 
日本自動車工業会が2016年3月に報告した動向調査です。

リモート-デスクトップ-リダイレクト印刷ドキュメント-6 
99年から見ると二輪車の需要台数が実に半減、


リモート-デスクトップ-リダイレクト印刷ドキュメント-7 

免許取得者についても大型については横ばいではあるものの

普通二輪については緩やかにではあるけど減少の一途というところ。



リモート-デスクトップ-リダイレクト印刷ドキュメント-8 

年齢別のグラフでは2007年度には無かった60代70代が2015年度には出て来てるわけですよ。

我々40代がギリギリライン。

これらの資料を拝見するともはや二輪業界の未来は

時間をかけて0に向かって進んでいるとしか予想できない。

このままいくと各メーカーがいよいよ二輪から撤退しますなんて話が

出て来る日もそう遠い未来ではない気がします。


今の若者はなぜ二輪に乗らないんでしょうね。

まあその根本的にあたしゃバイクが

カッコイイ

と思ってるんすよね。

乗ってるオッサンはどうでもいい、

バイクっつー乗り物がカッコイイと思ってる。

それがネイキッドでもアメリカンでもSSでも。



俺、バイクはカッコイイと思ってるから
欲しいし乗りたい。



いろいろ理由はあっても多分本質はそこなんだと思います。


mi5_2015_0324_01.jpg 

photo00.jpg

トムクルーズが乗ったらさらにカッコイイ。

1126695.jpg 

CjBYwbpUkAAvaaO.jpg

ミラジョボヴィッチが乗ってもさらにカッコイイ

03999bdae86b736e48e5ca9b8166f7dfe7fe7d63.jpg 

ロッシカッコイイ。

7ddc74bb.jpg

バットマン、カッコイイ。


・・・。

そうか。

なんで若者たちがバイクに興味が無いのは

見るにしても乗るにしても



バイクをカッコイイと思ってないからか。



あー。これはどうしようもない。




KRS35のザラブさんとチブルさんの思い出

まあまた長い間放置してしまいましたね。


久しぶりに記事を書かせていただきますよ。

や、先日ご予約の始まったKRS35の新作のザラブ星人とチブル星人ですね。

KRS35もカネゴンからずっと原型やらせていただいていますが

まあもともと小さい人形が得意なほうだし

苦痛ではないので楽しくやらせていただいています。

ザラブ星人はですね、

まずはいつもの手順ですが、

中の人を造ってから皮を盛っていってます。
IMG_0910.jpg

KRS35っつーだけにスケールは1/35なんで

やっぱり小さいっちゃ小さい。

横に親指が写ってんので大きさは大体わかっていただけるかと思います。

ザラブさんの皮膚はモールドがありますので

それを再現していくわけですけども

IMG_1018.png 

練ったエポパテをチョリッとすくって

ピトっと付けて、余分なところを除去して形を整え慣らす

という作業をモールドの数やっていきます。

モノによるとは思いますが、たとえば前のガラモンやった時とか

ヒダを植えるのに植えたヒダを写真で塗りつぶして

「このヒダおわり・・はぁはぁ」ってやってました。

密集してる部分は構わんとは思いますが、

目立つ部分は観察してそのとおりにやったほうが

見栄えもよろしいなというのが今の結論です。

IMG_0982.jpg 

まあザラブ星人は楽しかったですよね。

人型が好きだというのもありますし。

で、あれだ、チブルさんだ。

チブルさんは形状からか、メーカーさんより

頭部が他のものと同じくらいの大きさでとご指示ありましたので

他のものより少し全高は高くなっています。

とにかくあの複雑な頭をクリアしないといけない。
IMG_5015.jpg 

これ、頭部彫ってる途中なんですが、

モールドのつじつまが実に合わず困っていたところですね。

アレー?とか言うてた。

立体だと自分はよくあるんだけど

一周してくると当然もとに位置に戻るじゃないすか。

くるーんとね。

そこできちんと途中のでこぼこが正しい距離と形状で出来上がっていないと

スタート地点で0に戻んない。

一周を0から100としまして、

10、20、50、90。あれ?スタートに戻ってる。

50、70、130。ぐえええええ。

とか長い間やってた記憶が。

もう足造るころにはヘトヘトでござんした。
IMG_5219.jpg 

苦労したやつってやっぱ完成すると

愛がね、愛が。

いっぱい売れますように。