KRS35ミクラスをね、こうね。

KRS35の新作はこのワンフェスでACROさんブースから発売される?ようです。


「WF2017winter 卓番:5-30-01」

えー、その新作のラゴンは記事で書かせていただきましたが

そういやガボラとミクラスの漂流記書いてないわと思い出しまして。

えーとまずミクラスです。

トーテムポールみたいなあいつですね。

IMG_0267.jpg 

とっかかりですね。

毎度のごとく中に入っている人がどんな姿勢なのかを造ってから

着ぐるみ分をモリモリしていってます。


IMG_0298.jpg

この角が超クセものでした。

ねじってまがってジャンケンポンくらいのクセもの。

角のリングは銅線をアロンで巻いてます。

が、画像の角はボツ。

角は結局5対ほど造りました。



 IMG_0343.jpg

7割くらいの時ですかね。



IMG_0580.jpg

ようやく角が決まって感無量の頃。

この時点で焼いてあるのは角だけです。

後は全部生スカです。



IMG_0646.jpg
IMG_0649.jpg

とまあこんな感じでした。

表面の古代文字みたいなんは資料の写真の模様を

1個ずつマジックで消して彫っていきました。




D氏からの誕生日プレゼント

昨日はあたくしの誕生日でありまして


43歳を迎えてしまいました。

大殺界と厄年のダブルファックマッドイヤーズ4年間をようやく潜り抜け

これから本気の加速をしてやろうというわけではなく

どっちかというと失速する可能性を十分に秘めているだろうなと

目の前の現実を静かに見つめております。

おはようございます本日のアウダーチェです。


えー、昨日家に帰りますとアマゾネスからお荷物が届いておりまして。

まあ誕生日に毎回お荷物届けてくれるのは

友人D氏しかいないわけです。

今年は何だろう、何が入っているのだろうとワクワクしながら箱をあけますと

何と今年は!

IMG_5172.png 

こいつの!

俺の大好きなこいつの!!

IMG_5167.jpg 

ヘルメット!!(布製)



もうここまで俺のことを分かってくれている友人はいただろうかと。

嬉しくてかぶったままD氏にありがとうのLINE入れますと
FullSizeRender_201702140811169e1.jpg

随分喜んでいただけたので

これにヘルメットを被ったらどうだろうと半ヘルかぶってみました。

IMG_5169.jpg 

ちょっと無理でした。

FullSizeRender_1_20170214081118fd3.jpg 

入らなかったんですが、ますます喜んでもらえたので

ちゃんとジャギっぽくジェットかぶったらいけるんちゃうかと

ジェットをかぶってみました。

IMG_5170.jpg 

残念ながら入りませんでした。

一応画像送ると

FullSizeRender_2_201702140811195ed.jpg 

もうD氏大喜びでした。

アイリーンはショップに置いてますんで

週末に行ってちゃんとバイクに乗って写真撮ろうと思います。

D氏、いつもありがとう。



良い週末をお過ごしください

メールに意味の解らん難しい言葉を書かれていますと


分かった風な顔をして読み流すんですが

読み終わってからどうしても気になって

その言葉を検索すると言う作業がよくあります。

まあ自分の語彙力の低さに悲しくなりつつ

ググってみるとウィキ様にますます混乱するような説明が書いてあり

その下辺りに出てくるヤフー知恵袋なる袋に頼るわけです。

今朝も結局知恵袋に頼ってたんですけど

色んなアンサーを読んでマウスクルクルしてたら一番下に

chiebukuro.jpg 

わけの分からん質問がいっぱい書いてある。

これは何ですかね、恋の悩みとかいうやつですかね。

俺が解決してやろう。

そういうもんは


人に聞いとらんと自分で決めなさい。


それから4つ目の質問の塾の先生ですが


そいつは変態なのですぐその塾やめなさい。



はい、みなさんお疲れ様です。

今週も終わりではありますが

週末前にもうとんでもない、自分的に内臓がひっくり返るような造形を見ましてね。

105168713_o4.jpg 96713398_o2.jpg

スパイスシードっていうメーカーさんなんですが

作品もすごいんですけどお値段も半端ない。

これ二つ買ったら50万越えます。ギャヒ。

とまあこれを見てしまった後で

IMG_5124.jpg 

負けてね・・え・・

負けてない・・


お値段はうちの方が安いぜ!!


それでは良い週末をお過ごしください。




過去ネタ:脱毛と通信販売

※すみません、過去ネタです
-------------------------


僕ね、男性ホルモン多いんでしょうね。

禿げるような感じはまったくないんです。

そりゃもうギッチリ詰まってますから。

でも結構毛深いんですよ。

男性ホルモンピュッピュピュ分泌してるんでしょうね。

今はなんていうんですか

「コレが俺様じゃ文句あるんか」

みたいな感じなんでどうでもええんですが、

若かりし頃はやっぱりそういうの気にするんですよね。

雑誌にね、煽るようなこと書いてあるじゃないですか。

かわいい女の子のイラストでね



『もじゃ男キモーイ』



とかね。

それを読みながらそりゃ若かりし日は

激しく心を痛めておったわけなんですよ。



「ああ、おれはきっと気持ち悪いのだ」



とね。

で、まあとりあえず色々試してみることにしたんです。

まずはなんか脱毛ムースとかいうのんをね

通信販売で買ってみたんです。

謳い文句がね



『痛みもなくすぐにツルツルスベスベ!!』



ですわ。

そんなうまい話があるもんかぇ?と半信半疑で

とりあえず買ったんですわ。

4日ほどで荷物が届いてね、

箱開けたんです。

ほなら風呂入って清潔にしてから

そのムースを脱毛部位にヌーリヌリして

5分くらいほおっておくって書いてあるんで

一人で塗って放置ですわ。

で、5分後、シャワーで流してみるんです。

ほならもうピッカピカですわ。

うわ、これはええがね!ゆうて。

明日デートやし完璧やと。

もうニッコニコで寝てね、

翌朝起きて真っ青ですわ。

もう完全に無精ひげ状態なんですよ。

もうめちゃめちゃぬか喜びじゃないですか。


めちゃめちゃショックでね、


でもとりあえずすることしたんですけど

彼女に怒られましたわ。


私はそんなの気にしない。



今はチクチクして逆にむかつくと。



それからしばらくはほおってたんですけど

なんとなくよさげなのを見つけてしまったんです。

その名も
 



完璧脱毛宣言!

この夏は『超音波ローラー』で安心!



どんなのかというと

なんか毛をローラーが挟んで

挟んだ瞬間に超音波をだして

その超音波が毛をまったく無痛で抜いてしまうと。


『エステ店でも使用されています!』

『痛みはまったくありません!』


って書いてあるし。

ええ、


雑誌の裏表紙にね。


ほんでまたそれを買ったんです。

たしか5万くらいしましたわ。

安かろう悪かろうの世の中ですから

5万も出せばそらええもん届くやろと。

もんのすごい楽しみにしてたんです。


ええ、届きましたよ。

 

5万にしてはえらく軽い荷物がな。




箱を開けてみたんです。

出てきましたよ。

5万の超音波ローラーがね。



プラスチック製のね。



まあ5万もしたんですから。

性能はそらすばらしいもんだろうと。

さっそく説明書よんでね、

ローラーのアダプターをコンセントに刺して

スイッチ入れてみたんです。



グギガガガガガガガガガ・・・



うーん・・・


安っぽい音。


けど5万っていう値段が頭をグルグル回ってますし。

ひそかにこの時点で 


騙されたのかもしれない度87%なんですけど。


そしてローラーを恐る恐る足に当ててみたんですよ。



ゴギギギギ・・・・




「ギアァァアアアアアアアアア!!」




もうめちゃめちゃ痛んですよ。

なんでかってゆうたらね、


毛巻き込むんやけど、抜けないんですよ。


ギュウウウって毛引っ張って抜けないもんやから

毛と皮膚を思い切り巻き込んだ状態で



ローラー止まってるし。



グギギギギギ
 

って言いながら『逆回転ボタン』って言うのを押したんです。

ほな動きやがらんのね。


逆回転せえへんのですわ。


そんなもんもう引きちぎるしかないでしょう?




「フンギーー!」




ブーーーチブチブチ!!



ゆうて抜きましたよ。

足、そこだけハゲましたわ。

まあその後、そのローラーもコード引きちぎりましたけど。




ええ、ええ、

やっぱりだまされるんです。

この世の中そんなに甘くないと。

もう脱毛なんかどうでもええわと思い始めた頃

出会ってしまったんです。


その名も


『エピドール』


これ知ってる人もおるんちゃうんですか?

かなり長い間売れてたみたいですし。

2万ほどしましたわ。


アホやからね、


また買ったんです。


ビンに詰まってる本液、

それに布キレ、

そしてアイスクリームの棒


が入ってましたわ。

お湯で温めてね、

そのアイスの棒で布キレに塗るんです。

パンにバター塗るような感じでね。

ああ、言い忘れてましたけど

コイツも書いてありましたよ



『エステ店でも使用されています!』

『痛みはまったくありません!』



ゆうてね。

けど説明書きがなんとなく的を得てるような感じでね。


images_20170209084521534.jpg 


とりあえず説明書読みながら進めるわけですわ。

「エピドールを塗った布を脱毛部位に貼り付けてください」

はいはい。

ぺっとり。

「貼り付けたら毛穴の向きと逆方向に・・」

ハイハイ



「一気に引き剥がしてください。」



・・・。


 

「一瞬ですべてのムダ毛が処理できます。」

 


・・・・。




「少し痛む時は手のひらで押さえてください。」
 



オイオイ大丈夫なんか?コレ。



とりあえず貼り付けてみた聖帝に後退は無いからね。

敵はすべて下郎ですよ。

もう引き剥がすしか方法はないからね。


俺のイメージではその液体が

毛穴へ浸透し、毛根をなんとかして皮膚と毛の縁が切れてるような。



まあ、あくまでイメージね。

何度も深呼吸して

一気に引き剥がしたんです。


えい!


バリバリバリ!



ギアアアアアアアアアアアアア!!!!!


サロンパス(大)1枚分くらいの大きさですからね。

もう目の前紫色ですわ。

痛む時は押さえろって書いてあったからね、

必死で押さえます。

もうえらいことですわ。



20cm×20cmくらいの広さで



足ハゲてますよ



これから夏って時にそんなもん

足の一部がそんなハゲ方してたら

おかしいじゃないですか。

これはもう最後までいかなあかんやろと。

敵はすべて下郎ですから。

もう涙ボロボロ流しながら続きしましたよ。

でね、

片足終了した時点で



心折れました。



片足だけツルツルですわ。

女の足でも移植したのか?と思うようなね。


そやからもうええんです。


俺は俺なんです。

ありがとうのその後に

昨日夕方マイキューティーステイシーが正月の暗黒の事故から


きれいに修理されて帰ってくる日でして、

とりあえずディーラーにどうかポンスケ山本だけは俺に当ててくれるな

とお願いしておいて行ったんです。

テーブルに案内されてコーヒー飲んでまってましたら

偉い人が応対してくれて、

ドアは2枚とも取り換えしております、ご確認くださいなんてことで

修理中の画像なんか見せてもらいまして。



で、お車のご準備が出来ましたっていうので案内されるまま玄関ホール行きましたら

もう見違えるようにビカビカに輝いたステイシーから

乙女の整備員がちょうど降りてくるところ。

やや、ありがとうございます、と申し上げステイシーにのって

前の大通りをアリガトーと帰路へついた。


とまあここまでは良かったんですが、

出てすぐよくインパネ見ましたら

ガソリン給油機マークがイエローでバッキーンと出てるんですよ。

あら、そういえば入庫したとき減ってたなと

レベルゲージ見たらEマークを指してる。

幸い残り走行可能距離が出るのでカチカチカチと操作して

えーと、残り走行可能は何キ・・


航続可能距離 0km


まてまてまて、0kmてなんどえ

「アタシ今すぐにでも止まりそう」やんけ

こんな片道3車線の追い越し車線でええ調子ではしっとる場合ちゃう!

GS!一番近いGSは!

えーとそや6km先の交差点にあった!


6km!


一応燃費はリッターあたり12キロ走るから

計算上500cc残ってればたどりつく。

でも490ccやったら俺は道のど真ん中で

ハザードをたいて渋滞のクソ原因者になって多くの人から白い目で見られる!

でもいかなしゃあない!

あーもう前の信号青でな、青でな、青でな、青でな、

そのままそのままそのままそのまま

ババァ黄色やけど行け!はよ行け!はよ・・


赤。


ぐおー!ババァーー!!!

ハンドル、バーン!バーン!バーン!ババァーー!!!

思わずアイドリング中のタコメーター見る。

この信号長い。


俺エンジンオフ。


夜の信号待ちの長い列の中に

真っ暗になった俺の車。

よりによってこの道信号多くて

信号のたびに自分でエンジン切るとか


手動ハイブリッドですよ。


まあ結局そのおかげで無事にGSにはたどりついて

ハイオク満タン給油できたんですけどね、

色々勘繰るわけですよ。

あの車回してきた乙女のスタッフ、

ガソリン0リッターに気付かへんかったんやろか。

分かっててわざと黙っとったんかいとか

ガソリン入れといてくれとは言わんけど

もうガソリンゼロですからすぐGS寄ってくださいねとか

言うてくれてもよかったんちゃうんけとか

まあそんなこんなで


次の車はやっぱり国産かなあと思っとります。


FullSizeRender-(6).jpg