ハーデス666#10

新年あけましてですね、昨年は1月5日に車ぶつけられた結果


振り返ると本当にろくでもない1年でございましたのね。

なので、今年は少しでもましになるといいなと思ってましたら

1月7日に車が突然耕運機みたいな感じに

ドッコンドッコンドッコンドッコン言い出して

10キロくらいでしか走らなくなりましてね。

結局前にも後ろにも行けなくなってロードサービス呼んで

ディーラーへ運んでいただきました。

原因は4本あるピストンのうち1本のインジェクションコイルが壊れ、

エンジンバランスが狂って耕運機になった

という私の年式のA4にはよくある故障。

次の日には修理が完了いたしました。


が。


ほらみろ今年もだ。今年も1年カスみたいな年になるぞ。


と夢も希望もないであろう平成30年に胸ときめかせて出発です。




えーさてさて、

ハーデス様なんですが、1/20スケールばかり作っていた身でして

1/6の複製を始めようとしたんですけども

シリコンを思った以上に食うわけですよ。

胴体の片面流すだけで2.5kgもシリコンが流れていきましてですね、

日本円に換算いたしますと約1万円。


片面で。


片面流し終わって呆然としちゃいまして。

なぜならこの後、下半身と手足が残ってるじゃないですか。

ざっと計算してトータル5万円はかかりそうなんですね。

そこからレジン買って流すわけですから、

そう考えると非常に厳しい。

欲しいというて下さっている方に配布したいのですが

そこに至る財源が俺様のお小遣いでカバーできない。

この葛藤は脊椎損傷したサルみたいなもんです。

IMG_8735.jpg 

餌を取れない


また来週。

ハーデス666#9+新年のご挨拶

みなさんあけましておめでとうございます。


昨年は本当にひどい年でございまして

厄年と大殺界が終わってからが本番の始まりでしたという

ホラー映画の脚本のような1年で。

まあ今年もどうせろくでもない1年になると思うんですよ。

大体期待するから肩を落とすことになるんで

すべてを斜めに見てこのクソ一年を

何とかやり過ごそうと思っております。


さて、ハーデス様でございますが

例年、年末年始は家で引きこもって粘土というパターンでして

今年も変わらず粘土ばかりしておりました。

そういえば前回ズボンをはかせるまでいってたと思います。

まあその続きですけど

IMG_8679.jpg 

上半身の服の裾をエポパテでつくりました。

分割するラインがどうしてもこのベルトラインになって、

スカだとゆがんだり強度が足りないのでまあ仕方ありません。

腕なんて肩で分けるかとか1/20の癖で切ったけど

よく考えたらここじゃねえぞとまたくっつけたりとかボケ。

分割なんてのは基本的に大嫌い(下手なだけ)ですのでほんとは一体で行きたいんですね。

ところがスカで造ってるんで焼くときにオーブンに入れないといけない。

デカいとオーブンに入らない。

そんだけの理由ですよ。そんだけの理由で分割しないといけない。

なのでNSPとかで一体造型やっちゃって紙で筒造ってシリコン流して

オラヨ!ってやるのもいいなあとか思ってるんですけど

NSPのハンドリングと匂いがあまり好きではない。

話がそれました。

エポパテ固まったら

IMG_8680.jpg

パスタマシンで伸ばしたスカを張り付けて

シワの盛り上がりとかを資料写真見ながらネチネチやりまして。

IMG_8684.jpg

とりあえず服のしわは想像じゃなく資料見てつくれば

基本間違えないと思います。

あえて言うなら人体を先に造っておけばしわが深くはいりすぎることもないです。

上着が出来たので、今回一番大事な部分、

髪をのせていきます。

いまだかつてこれほどまでに複雑な髪形をつくったことがなく、

めっちゃ調べて調べて調べて

着地させたのがこちら。

IMG_8687.jpg

横からもってきて後ろから引っ張って固めてと

これ毎日やんの大変ですよ。誰か知らんけど。


はい、そんなわけでサフ吹いて原型出来上がりです。

何でも制作日記のけんじさんに造ってもらってたファットボーイに乗せて

IMG_8696.jpg 

意外とかっこよくなってしまいましたね。

もっとアホっぽくなる予定だったんだけど。

IMG_8697.jpg

当初はショットガン持たせる予定でした。

IMG_8698.jpg

とまあこんな感じで原型完成。

自主造型の1/6としては3体目だったかな?比較的気に入りました。

近々シリコン大量に買って抜いて彩色に進みます。

すでに欲しいとか言うてくださる方いらっしゃいますが、

それはいいんですけどもこれ、タミヤのハーレーのキットが必要です。

もし「それでもいいぜ」なんていうアナザーゴッドがいらっしゃいましたら

俺は止めないぜ。


1/6造って少々食傷気味でございますので

しばらくは釣りばっかやっとこうかなと思います。

ではアウダーチェの人形を楽しみにしていただいているみなさん

今年もほぼほぼ間違いなく悪い年になるとおもいますが

無理のない程度にお付き合いいただけたらなと思います。

また来週。

IMG_8710.jpg 
1月3日ノーフィッシュ。


ハーデス666#8

もう年末ですね。


今年明けてすぐに運勢を見てみますと

ものすごく楽しみの多い1年になるでしょう

なんてことが書いてあって、すごく楽しみにしてましたが

初出勤で車ぶつけられるわ

夏前から強烈な鬱に入るわ

原型は全く進まないわ

ようやく落ち着いたかな?と思ったら


年末です。


みなさんご機嫌いかがでしょうか。釣りは世界を救うのでしょうか。

本日のアウダーチェですよ。


えー、さてさて。

ハーデス様ですが結構進んでいるといえばいる。

今回の衣装にスーツから切り替えてテキ屋のオッサンの格好にすることにしましたが

もうしつこく申し上げております、

もう本当にしつこく申し上げております、


実物を見ながら塑像したほうがよいです。


確かに理屈では分かるんですよ。

ここが引っ張られたらここがたくれるとかね。

わかってるけど、理論上そうなるのはわかってるけど

僕は必ず実物を見ながらシワを彫ることにしています。

なぜなら実物が正解だからでございます。

そんなわけで

テキ屋のおっさんの服をわざわざ7,000円も出して買いまして

このクソ寒い中着替えて

IMG_8602.jpg 

嫌がる娘に撮影させる。

まあ大体わかりゃいいんでそんなに細かく撮りません。

個人的には写真に写るシワの75%くらいができてりゃOKかなと思ってます。

IMG_8648.jpg 

昨夜はこれで3時間もかかってしまったので

今夜はもっとちゃっちゃとやります。



ハーデス666#7

カスタムペイント屋の社長と離島へ釣りに行くことが増えてきたんですが


離島は小さいんだけど徒歩で移動するとなるとかなりしんどいんですね。

で、社長が折り畳み自転車を導入しはって機動力の上がり方が半端ない。

これは俺も導入しなくてはと

IMG_8543.jpg 

リンダ導入。

10,800円。

ここに竿受け付けたらジギンガーにもエギンガーにもなれる。

荷台が9キロまでしか荷物乗せらんないので

超小型クーラーボックスでもまた買うことにしましょう。


さて、ハーデスでございますが。

こないだ指の芯画像で終わりまして

マニュアルどおりに粘土盛りまして

IMG_8544.jpg 

IMG_8545.jpg

こうやって写真にとるとまだずいぶん気持ち悪いところあるので

もうちょい足したり引いたりしますが、

だいたいこんな感じです。

腕にエポパテモリモリしといて硬化待ちです。


めっちゃゆっくり進んでますけど、

なんつーか久しぶりに1/6すると感覚がよくわかんないのと

1/20みたいに「あ、ここ出すぎ」ってサクっと削れないんですね。

手戻り感がすごくヘビーっつーか時間がかかる。

慣れてないアタクシにとってはさらに時間がかかるっつーわけで


また思い出したら読んでみてください。



ハーデス666#6

えー、世の中いろいろきついものがございますが


その中の一つに自分に全く関係のない赤子を見せられるというものがございます。

や、人によっては好きという人もいるかと思いますが

個人的にはきつい。

関係者はもちろんかわいいと思うんでしょうが

無関係のこっちにしたらその名のとおり赤いヒトの個体でしかなくて

「うちの甥っ子かわいいのー!」

って見せてこられてもハダカネズミにしか見えないんですね。

1枚や2枚なら我慢のしようもありますが、

どこかへ移動中の道中2時間ばかり数十枚に渡り見せられると

口からケツに棒を刺してくるくる回しながら焼いたろかと思ってしまいます。

みなさんごきげんよう今週のアウダーチェです。


さてさてハーデス様ですがぼちぼち進めておりますが

久方ぶりの1/6スケールでなかなか思うようにいかないもんですね。

特によく肥えたオッサンの場合、そんな大きいスケールで作ってしまうと

IMG_8537.jpg 

ほんとうに色々嫌になる瞬間がございます。

この季節粘土もクソ硬いわけでオーブンの予熱で若干温めながら

ちょいちょいくっつけて

IMG_8538.jpg 

たびたび座らせて確認いたします。

これは自分がよく陥るワナなんですが

左右の足を前後に動かした状態で粘土を盛っていってると

いつの間にか左右の足の長さが変わっている。

特に前に出した足の太ももが異様に長いということになってしまうことがあります。

IMG_8540.jpg 

(AがBより長くなる)

え、俺だけか?そんなことないやろ。ほかにおるやろ。

や、大体そのあたりはケツを必死で盛りすぎた結果かと思うんです。

芯は骨格に合わせてつくってますので

長さが変わることはイコール造形師のミスであることに間違いない。

こういうミスを犯しますと見た目の違和感が出てきますので

のちのち命取りになりかねないわけですね。

で、自分がよくやる確認は

IMG_8536.jpg 

膝の裏からケツの頂点までの長さの左右確認です。

膝頭がええけどコンパス無いと測りにくいんで。

理屈は膝の骨から尾てい骨の距離を確認してるということなので

これが違ってたら粘土の盛り方が間違っているんでしょうね。


今回俺も散々やらかしたけど。


そんなわけでちょっと気を付けるとよくなるもんでございます。

えー、先週最後の作業は

IMG_8539.jpg 

手のひらの作業の準備でございました。

指では昔さんざん悩みました。

今はもうマニュアル化されていまして

スケール割り戻しの図面用意

掌の部分をエポパテで作っとく

図面に合わせてアルミ線刺して切る

アルミ線にエポパテを薄く盛る

効果後粘土盛って塑像。


はい、まあ面白くもなんともない記事ですみません。

次回もこんな感じだから思い出したら見に来てください。